教育存在的意義

在追求真理的道路上不要因為對老師的尊敬和愛戴就不敢質疑老師的觀點,而是要以客觀、理性、嚴謹的態度去追求真理。

土木専攻は何を勉強していますか?

f:id:theriy:20211005185445p:plain

土木工学入門

土木工学の専攻は、道路、住宅、橋、地下、トンネル、水力発電所、港湾施設、給排水の分ive civil engineering野で計画、設計、建設管理、研究を行うことができる専門のエンジニアリング人材を養成することです。基礎処理。この専攻の卒業生は、次の能力を持っている必要があります:1。土質力学流体力学構造力学、土木地質学、工学システムの基本的な知識を習得します。2。建築材料、給排水工学、構造原理と設計に精通します。3。強力な工学調査、工学実験、土木工学建設および環境工学のスキル; 4。土木構造工学の設計研究およびプロジェクト建設管理に従事する能力を持っている。

この専攻の卒業生は、あらゆるレベルの建設管理部門、エンジニアリング建設会社、科学研究機関、企業や機関、および高等教育機関に就職することができます。

土木経営専攻が提供するコースの紹介

大学から4年以内にこの専攻で学ぶ必要のあるコースの教育内容には、基本的な専門コース、専門教育コース、選択科目の設計、および実践的な活動コースの適用という4つの開発側面が含まれます。専門知識コースは、住宅建設の方向、道路や橋の方向、地盤工学の方向、地方自治体の工学の方向、工学の品質管理の方向など、さまざまな方向に分かれています。

基本コース:大学物理学、記述幾何学、建築システムとcadアプリケーション、理論力学、土壌力学、流体力学構造力学、基礎工学、工学地質学、工学測定、土木工学入門、建築建設、建築材料、建設と管理。

専門の選択科目:土木試験技術、土木構造設計の紹介、都市マスタープランの紹介、環境工学と大規模空間構造の紹介、基礎処理、構造ダイナミクス、新しい建築材料、構造安定性理論、建設監督、基礎工学、分析と処理、建設プロジェクトの品質と安全管理、その他のコース。

専門的な実践コース:測量の実践、レンガと床の設計、建築のコースの設計、鉄骨構造のコースの設計、建設組織のコースの設計、卒業の実践、卒業の設計など。

主な必修科目(5つの主な方向性)

建物の建設方向:特殊構造、構造試験、鉄骨構造設計、鉄筋コンクリート構造設計、建設、高層建築構造、耐震性など。

道路・橋梁開発の方向性:橋梁建設工学、交通システム工学、橋梁構造のプレストレス、道路・橋梁検査情報技術、道路調査・設計等。

地方自治体の建設工学の開発方向:都市道路システム工学、高架橋構造の設計と工学、上下水道工学、都市地下建設工学およびその他のコース。

地盤工学開発の方向性:岩石力学、地盤工学調査および試験データ技術、環境分析地盤工学、地下空間構造およびトンネル建設工学、杭基礎工学、土壌力学および耐震工学、特別経済基礎情報工学など。

エンジニアリング管理の方向性:エンジニアリングプロジェクト管理、エンジニアリング保険と保証、不動産開発と運用、エンジニアリング予算、運用研究、建設プロジェクト評価、その他のコース。

おすすめの関連記事

業餘解讀—土木工程業餘

土木工程業餘偏向有哪些?

土木工程是幹啥的首要做什麽?土木工程業餘好不好?失業方向?